1. HOME
  2. Products & Services
  3. 光伝送システム
  4. XGocTM

光伝送システム

世界初極細・超軽量・変形自在の光伝送システム〜XGoc〜

光伝送システム

XGocTM

世界初極細・超軽量・変形自在の光伝送システム

XGoc(Xゼネレーションオプティカルケーブル)

5G(第5世代携帯)対応の帯域30GHzを実現したアナログ光ファイバリンクシステム(RoF:Radio over Fiber system)を開発

XGocを使用したアナログ光ファイバーリンクシステムは①アンテナで電波を受信②EO変換デバイスでレーザー光の強度変調信号に変換 ③光ファイバーで伝送④OE変換デバイスで電気信号に変換します。VCSELとPD-TIAを一体化して、1つのKコネクタから電気信号を入力可能な双方向光伝送が可能です。

xgocシステム図

XGocの特徴

・DCから20 GHz (デバイス選択により30 GHzまたは 40 GHz)までの電気信号が光ケーブルにより伝送可能。外部補助機器が不要。60 GHzまでを開発終了。製品提供可。
・光ファイバーによる伝送距離は200 m(伝送距離200mで変換ロス10 dBで伝送ロスは1 dB以下、伝送距離1 km以上を開発中)。実証実験用システム提供可。
・小型・低消費電力(市販の電池で10時間動作可能。電池レス製品も可能で実証済み)
・双方向伝送も開発終了。サンプル提供可。

サンプルのご依頼はこちら

電波暗室における計測(ご相談ください)

電波暗室

※電波暗室は他社から借用または貴社所有を使用します。

計測のご依頼はこちら


XGoc開発の沿革

・XGoc(Xゼネレーションオプティカルケーブル)は、国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)物理計測標準研究部門 電磁界標準研究グループ 黒川研究室において黒川博士が中心となり、約30年の研究期間を経て実現させた開発品である。第5世代移動通信システム(5G)の黎明期の2020年に、黒川博士が中心となり起業した産総研発ベンチャーの7Gaa株式会社(7Gaa)が製品化を行った。

・XGocのルーツとなる技術は、黒川研究室が世界最先端レベルで開発してきたアンテナ計測に係るものである。さらに遡ると、その原点は日本が技術で世界を制覇してきた、電気技術史に残る1924年開発の八木・宇田アンテナである。

・黒川研究室では、開発するアンテナ計測技術の高性能化を図るとともに、操作できる周波数帯もkHz、MHz、GHz、そして、5GからBeyond 5G―300GHzまでの帯域をカバーできた。

・5G時代の幕開けに先立ち、約10年前から黒川研究室が開発していたGHz帯までのRF信号の超広帯域光伝送技術を、XGocというデバイスセットとして世に出すことになった。XGocはアナログ伝送により超広帯域光伝送(600MHz~70 GHz)を可能とした。

・民間企業との連携におけるイノベーションも相俟って、その性能は飛躍的な進歩を遂げていった。しかし、開発した40GHzを超える超広帯域光伝送システムの社会実装の場、製品化用途がない状況が続いた。
この閉塞感を打ち破る新時代“5G時代”が幕開けした。黒川博士は時が来たことを感じ、この技術を社会実装し貢献していくのは“Startup”しかないと決断した。

・7GaaはStartupとして、我が国における研究開発資金の後押しを受け、既にBeyond5G(300GHz)の広帯域光伝送システムの製品化に向けた開発を進めている。

History of XGoc development

・ XGoc is a product that has been developed, realized as one of the achievements of about 30 years research led by Dr. Kurokawa in the Kurokawa Laboratory, Electromagnetic Field Standards Research Group, Physical Measurement Standards Research Institute, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST). In 2020, the dawn of the 5th generation mobile communication system (5G) had come and 7Gaa Co., Ltd. (7Gaa), a Startup certified by AIST, has been started by Dr. Kurokawa and has commercialized XGoc.

・R&D technology, which has produced XGoc, is a technology related to antenna measurements, which Kurokawa Laboratory has been developing at the world’s most advanced level. Going back further, the origin of the antenna measurement technology is the Yagi-Uda antenna developed in 1924, which Japan has dominated the radio world with the technology, which remains in the history of electrical technology.

・ At Kurokawa Laboratory, we has improved the performance of the antenna measurement technology, and has surely covered the frequency bands from kHz, to MHz, GHz, and 5G frequency bands, up to 300 GHz. Prior to the dawn of the 5G era, the Kurokawa laboratory has introduced the ultra-wide band optical communication technology in the GHz band, which had already been developed for about 10 years ago, as a device system called XGoc. XGoc has realized ultra-wide band communication over an ultra-wide band (600MHz to 70GHz) by analog transmission.

・Combined with innovations in collaborations with private companies, its performance has made great improvements. However, there was no place for social implementation or commercialization of this developed ultra-wide band optical communication system exceeding 40 GHz and more.

・The new “5G era” that breaks through this feeling of blockage has begun. Dr. Kurokawa felt that the time had come and decided to start “Startup” in order to implement this technology in society and contribute to it.

・As Startup, 7Gaa is now developing a Beyond 5G (300GHz) antenna measurement system with the support of research and development funds in Japan.